×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

おでこのニキビ対策はしっかりとしたいですね


おでこのニキビ

おでこのニキビについて紹介したいと思います。おでこのニキビは思春期に出来るニキビに良くある症状だといわれています。おでこにニキビが出来るのは、思春期の特有のホルモンのバランスが不安定なことや、前髪がおでこにあたって刺激になってしまうことから、おでこにいニキビが出来やすいといわれています。また他にも、おでこのニキビの原因は紙を洗ったときにシャンプーがきちんとすすげていないことによってそれが刺激になって、おでこにニキビが出来るのではないかと言われています。おでこのニキビが出来てしまうと、ついつい前髪で隠してしまいたくなってしまいますが、それは間違いです。おでこにニキビが出来たら前髪を出来るだけ短くするか上にあげてしまって、ニキビに当たらないようにして、刺激を少なくすることが大切です。出来てしまったニキビにもこの方法は効果的ですし、ニキビが出来ていない場合も、こうしておくとおでこにニキビが出来にくいと思います。

また、おでこのニキビ対策にはシャンプーの時のすすぎ残しに注意することが大切です。洗うことよりも、きちんとすすぐことに重点をおいてよくすすいで洗い残しガ内容にするとおでこのニキビも改善されると思いますし予防になります。

ニキビと洗顔

ニキビの時の洗顔料の選び方を紹介したいと思います。ニキビの時には、出来るだけ肌に刺激を与えないような洗顔料を選ぶといいですね。ニキビの時に選ぶ条件となる洗顔料は弱酸性で肌に刺激がなくて、添加物なども入っていないものを選ぶといいと思います。ニキビには、弱酸性の洗顔料がなぜいいのかというと、弱酸性というのは人間の肌の元々の状態を表していますから弱酸性の洗顔料で洗えばPHが乱れずに、ニキビにも効果があると言われています。また弱酸性は雑菌を繁殖させないPHの値になっているので、ニキビを防ぐことにも効果がありますから、ニキビだけでなく、洗顔料は弱酸性を選ぶといいと思います。

またよく最近スクラブが入っている洗顔料が販売されていますが、ニキビの人にはこの、スクラブ入りの洗顔料はあまりいいとは言えないと思います。洗顔料にスクラブが入っていると、刺激が強すぎてしまってニキビを悪化させてしまいますし、スクラブによって、肌が傷つくこともあり、ニキビには肌が傷つくと悪化することもありますからニキビに限らずスクラブ入りはあまりおすすめできない洗顔料かもしれません。ニキビにとっては一番効果的な対策方法が洗顔ですから、ニキビの事を考えた洗顔料を選んで、毎日洗顔してニキビ対策をしたほうがいいでしょう。

ニキビ対策

ニキビ対策になる洗顔の方法でいきなり洗顔料をつけて洗顔するのではなくて、下洗いしておくとニキビ対策になります。まずは石鹸で洗顔する前にぬるま湯で洗います。ニキビ対策に効果的なお湯の温度は大体脂性の肌の人で33度から38度くらいのお湯の温度がちょうどいいといわれています。お湯の温度というのは意外とニキビ肌の洗顔には重要です。お湯の温度がぬるいと、ニキビの皮脂が落ちにくいですし、お湯の温度が熱すぎると、肌に負担をかけて乾燥肌にしてしまいますからお湯の温度はニキビ肌の人にとっては重要なことだと思います。乾燥肌でニキビの人の場合は少し低めの30度から34度のお湯で洗うのがいいでしょう。

ニキビ対策のこの下洗いですがお湯で洗っただけでも、大体汚れの70パーセントを落とすことが出来るといわれていますから洗顔料を使って一日に何回も顔を洗うと肌が乾燥しますので、ニキビ肌の人で毎日なんかも洗顔するときには、できれが洗顔料を使わずにお湯だけで洗うようにするといいと思います。お湯だけで顔を洗うだけでニキビを予防することが出来るというのは手軽でおかねもかかりませんから嬉しいですよね。ぜひ、ニキビを予防するためにも下洗いをしましょう。

ニキビ予防に正しい洗顔法

ニキビ予防になる正しい洗顔方法を紹介したいと思います。まずは、ニキビ予防にはお湯だけで洗う下洗いをあらかじめしておきます。そして、下洗いをしたら洗顔料を泡立てるのですが、その際、顔に直接つけてから泡立てるのではなくて、手であらかじめあわ立てておきます。または、泡立て専用のネットなどを使うと簡単に泡立ちますから便利です。 ニキビ予防をしたければ直接肌につけて泡立てるのではなくて手やあわ立てネットでクリーム見たいなるくらい泡立ててから顔につけましょう。なぜ泡立てにそこまでこだわるのかというと、きめ細かい泡を作ることで、毛穴の中まで泡が行き届きます。そうなると、ニキビの元になる皮脂などを綺麗に取り去ってくれますから綺麗に汚れを残すことなく洗うことが出来るのです。また、きめこまかい泡で洗うということは手と顔の皮膚の直接の接触を和らげているので、刺激を最小限に抑えていることになり、それがニキビの肌にはいいのですね。

ニキビ対策の正しい洗顔法で正しく泡が作れたら、次は実際に顔を洗うのですが、ごしごしと力を入れて洗わないで、優しく洗いましょう。力を入れてゴシゴシ洗ってしまうと、腹が荒れてしまいますし、角質が剥がれてニキビの原因になることがあります。ですから優しく洗うように心がけましょう。

ニキビとすすぎ

ニキビ対策とすすぎについてですが、ニキビ対策になぜすすぎが大切なのかというと、せっかくニキビ対策にと、正しい洗顔方法を実践したとしても、きっちりとすすげていなければ意味がありません。洗顔料の成分が肌に残っていますし、肌荒れが原因となってさらにニキビが増えてしまうこともあります。ですから洗顔料を丁寧にすすいで顔に洗顔料が残らないようにすることでニキビを予防することが出来ます。ニキビ予防のすすぎは、洗顔の時にかかった時間の倍の時間をかけて、綺麗に丁寧にすすぐことが大切だといわれています。ですから洗うこともニキビ予防にとって大切ですが、すすぐことも大切ですから時間をかけて丁寧にすすぐことを心がけましょう。

ニキビ対策として丁寧にすすいだ後は、綺麗なタオルでふくことが仕上げになります。この時ごしごしとタオルでこするとせっかく今までニキビ対策として優しく肌を洗い上げてきたのに意味がありませんから、出来るだけこすらずに、軽く水分をタオルにしみこませる感じで叩くようにふいていくようにするとニキビ対策になるのではないでしょうか。すすぎまできちんと行えたのに最後の最後でタオルでゴシゴシふいていたのでは意味がありませんから優しく、清潔なタオルでふいてニキビ予防しましょう。

ニキビが出来にくい食生活

ニキビが出来にくい食生活を紹介したいと思います。ニキビは毎日の食生活を見直すだけでも改善できるといわれています。ニキビの原因というのはほとんどの場合が皮脂の分泌が過剰になったことによるといわれています。ですから皮脂の分泌を抑えるとニキビ予防になるというわけですので、できるだけ糖分や脂っこい食事を控えるとニキビ予防になりますし、ニキビの出来にくい体質になるのではないでしょうか。また、ニキビの原因になっている活性酸素を除去する働きのあるビタミンCや脂質を活発に燃焼してくれる働きがあるといわれているビタミンBなどを摂取することで、ニキビの元になっている皮脂をもやしてくれますし、免疫力を高めるビタミンAなどが含まれている食材もニキビには効果的です。

ニキビは出来てしまってからニキビに対して対処するのではなくて、毎日の普段の食生活も見直して注意する世にしましょう。洋食よりも出来れば和食の低カロリーで脂肪分が少ない食事を中心に摂取するとニキビが出来にくくなりますし、おやつも出来るだけカロリーの低いもので、甘いものは避けるようにします。また、カロリーが高くて脂分も多いといわれているファーストフードやスナック菓子を食べるものニキビの原因に最もなりやすいといわれていますから気をつけるようにして、出来れば、ニキビが出来ている人はファーストフードなどは食べないようにしたいものです。

ニキビに良い食べ物

ニキビにいいといわれている食べ物を紹介したいと思います。まずニキビにいいといわれているビタミンAを含む食材としてはレバーや人参、ウナギやかぼちゃなどがあります。ビタミンAは免疫力をアップさせる働きがありますし、皮膚を再生させる力を上げてくれますからニキビにいいといわれているのです。そしてニキビにはビタミンBを含む食材もいいといわれています。例えば、ニキビに効果的なビタミンBを含む食材としてはレバーやアーモンド、納豆やチーズなどがありますし、他にもマグロやカツオ、鶏のササミなどにも含まれています。このビタミンBはニキビにどのように効果的なのかというと、ビタミンBはニキビの元になっている脂の燃焼を促進する作用がありますから、脂の分泌を抑えてくれるのでニキビにはとても効果的な食材といえると思います。

他にもコラーゲンが含まれている食材というのはニキビにとってもお肌にとってもいいと言われています。ですからコラーゲンを含んでいる牛筋やうなぎ、カレイなどを食べるようにするとニキビに良いと思います。また亜鉛を含んでいる食材というのもニキビになってしまった肌を再生するのに効果があるといわれていますから亜鉛を含んでいる牡蠣や胚芽、煮干や牛肉などを沢山とってニキビを予防して行けるといいと思います。

ニキビと生活習慣

ニキビと生活習慣ですが、ニキビは食生活を見直しただけでは改善されませんし、ニキビを予防することも難しいと思います。ニキビを予防するためには、生活習慣にも注意しないといけません。例えば何を生活習慣で気をつければいいのかというと、ニキビにとって睡眠不足は大敵です。ニキビに関わらず健康にも睡眠不足は被害を及ぼしますから出来るだけ夜更かしをしたり不規則な生活習慣をしないように心がけましょう。睡眠不足がなぜニキビの原因になるのかというと、睡眠不足によってホルモンのバランスが崩れてしまいます。それによって、ニキビが出来やすくなるのです。

また、睡眠不足は、肌の再生、ターンオーバーを乱します。ターンオーバーが乱れてしまうと、肌の角質が厚くなってしまって毛穴が塞がれてしまって、それがニキビの原因になりますから睡眠時間は十分にとってお肌だけでなく健康にも気をつける必要があります。また肌というのは夜の11時から2時に作られるといわれているので、ニキビの症状を早くもとの健康な肌に戻したいと思っている人はできるだけ12時までには寝るように心がけたほうがいいでしょう。生活習慣を見直すということだけでも、ニキビの予防、改善につながりますから、出来るだけ夜更かししないように気をつけましょう。

ニキビと姿勢

ニキビと姿勢が密接な関係にあると言うことをご存知でしょうか。ニキビには実は姿勢が関係しているといわれています。猫背で姿勢が悪い人というのは見た目が悪いということだけでなく、猫背で姿勢が悪いことによって内臓が圧迫されて血液の循環が悪くなってしまいます。そのことによって、内臓疾患、内臓に負担がかかって、ニキビが出来てしまうといわれています。肌というのは内臓の状態をそのまま表す鏡とも言われています。ですから内蔵に負担がかかっていて弱っていたりするとニキビが出来やすくて、特に顔の中でも口の周りにニキビが出来やすいといわれています。

姿勢を正して内臓の働き、血液の働きを正常にさせることによって肌の状態も正常化されて、ニキビが改善されますし、日ごろから、姿勢を正していることによってニキビ予防にもなるといわれています。ニキビと姿勢、内臓はこのように密接な関係にありますからニキビが出来やすい体質の人は、少し姿勢にも気をつけるようにしてみるとニキビが改善されるかもしれません。ニキビが改善されるとともに、内臓の負担もなくなりますから今まで内臓が弱くて胃腸に異常があった人というのも姿勢を正すだけで改善されます。

ニキビとハトムギ

ニキビとハトムギについてですがハトムギと聞くとはと麦チャを想像する人も多いかもしれませんが、ハトムギというのはイネ科の植物で、一年中生成されます。鳩がよく食べるというところからハトムギという名前がついたのですが、本当の名前はヨクイニンと呼ばれる漢方薬にもなっている植物です。このハトムギがなぜニキビに効果があるのかというとニキビに効果のあるハトムギは肌の新陳代謝がよくなるといわれていますし、老廃物を排出する働き、そして炎症を抑える働きがあるといわれています。ですからニキビの炎症を抑えてニキビの原因になっている老廃物を体の外に出して、肌の新陳代謝を活発にしてくれますからニキビ予防にもニキビの改善にも効果があるのです。

またニキビに効果のあるハトムギの中には、アレルギーを抑える働きもあるといわれていて肌荒れが何らかのアレルギーによっておきていてそれによってニキビが出来ているという場合にも、ハトムギは効果的なのです。ハトムギの効果的な摂取方法ですが、漢方薬としてハトムギを摂取する方法もありますし、はと麦茶を日ごろから飲んで肌の調子を整えてニキビ予防にするという方法もあると思います。ニキビ予防にハトムギというのはあまり知られていませんが手軽に実践できそうですね。

Copyright (C) 2007 おでこのニキビ. All rights reserved. ninja